外壁塗装で建物を完全ガード|塗装の効果で汚れや熱をおトソウ

木材塗料の種類

塗装

東京などでも建築されていることが多い木造住宅やウッドデッキなどの建築物は、定期的に補修を行なうことにより長く利用できるようになるでしょう。ウッドデッキなどの塗装に利用される塗料にはそれぞれいくつかの種類があり、それぞれによって違った効果を持っています。浸透タイプの塗料は文字通り、木材に塗料を浸透させるものであり、表面に膜などを発生させないので木の持っている質感を残すことが可能です。表面の質感を残したまま耐久性をアップさせることができるので多くの人に利用されており、最もよく利用されている塗料です。半蔵膜タイプの塗料は木材の呼吸を防ぐこと無く塗装を行えるので、木材が傷つきにくくする効果があります。古い木材に発生することが多い荒れなども隠すことができ、見た目も修繕することができるので古いウッドデッキなどを塗装する際によく利用されているでしょう。東京などの古い木材を利用した建築物が多い地域ではこのような浸透タイプの塗料がよく使われています。

木材に利用される塗料には水性塗料と油性塗料の二種類があり、それぞれ安全性も違います。油性塗料は脂を利用した塗料であり、長持ちし易いので東京などでよく使われていますが、塗料を乾燥させる際に有害な物質を発生させるという難点があります。そのため、油性塗料を使用した後は、十分に乾燥するまで人が近づかないようにするなどの対処を行なわなくてはならないので手間がかかります。また、粘度が高くて塗装しにくいことが多く、薄めるためにシンナーを使う場合もあるので利用する際の安全性は水性塗料に比べて低めと言えるでしょう。一方の水性塗料は、水が主な成分となっているので乾燥する際に有害な物質が発生しにくく、施工する際もきつい匂いなども発生しないのでとても安全性の高い塗料です。ですが、油性塗料に比べて効果が持続しにくいという点があり、効果を持続するには定期的に塗り替える必要があります。